当選!の夢が…

最近我が家の掃除機の調子が悪くゴミをあまり吸い込んでくれなくなっていたので新しい物が欲しいな、と思っていたのですがそんな矢先に、たまたま付けたテレビのプレゼントコーナーで掃除機を紹介しているではありませんか!しかも私が憧れている某大手メーカーさんの最新式掃除機を!なかなか我が家の予算ではその掃除機を購入する事は難しいのでこれは応募するしかない!そう思いすぐさまハガキを手に取り応募要項を記入しました。丁寧な字で心を込めて、そしてそちらの番組への感想やイラスト等頼まれてもいない事まで所狭しと書き埋めつくしました。カラフルに縁取りも施しどのハガキよりも目立つように仕上げました。そして何度もハガキに手を合わせ当選祈願をして郵便ポストへと送り出しました。その瞬間私の妄想はみるみる膨れ上がり早く掃除機が届かないかな、と当選したも同然の気持ちでその日を待ちわびていました。次の日…我が家の郵便受けに見慣れた字が書かれたハガキが1通。ん?何ともカラフルなそのハガキは昨日確か郵便ポストに入れたはずなのに何故ここに?状況が把握出来ないままそのハガキをよく見ると料金不足と書かれた紙が貼られているではありませんか。普段ハガキを出す機会があまり無い私は価格改正された事も知らず不足分の切手を貼る事もなくそのまま出してしまったのです…。あっとゆう間に私は妄想から目が覚めました。ハガキを出してから戻って来るまでのわずかな時間とても楽しかったです…。

xn--h4to81ae7fmvlspp.xyz