美味しい水の定義

コンビニやスーパーに行けば色々な水が売られている。また最近ではウォーターサーバーを自宅に置いていつでもミネラルウォーターを使える状態にしている家庭も増えてきた。

健康志向が上がったり放射性物質を気にしたりなど色々な要因で水を買う時代になった昨今。では具体的に「美味しい水」とはどういった水を差すのだろうか?

まず先に断っておかなければいけないのは「美味しい」という定義についてだ。味覚は人によって異なるため、1つの物差しで測るのは難しい。

そこでここでは「これは美味しくない水」という逆説から考えていこうと思う。美味しくない水を除外すれば残ったものはおのずと「美味しい水」となるからだ。

まず美味しくない水の特徴としては海外で汲んできた水だ。

特に海外の水道水は日本ほど徹底的に浄水していないため、飲み水として使うことはない。現地の人ですら飲む用の水は全てミネラルウォーターを購入している。

また海外で販売されている水も、日本人にとっては美味しくない水に該当するだろう。海外の飲み水はミネラルが多く含まれている分水が硬いため、飲み心地が良くないのだ。

また水道水も基本的に飲み水としてはあまり宜しくない。これは浄水するうえで塩素をしていたり水道管が劣化していることによって水の味が変わってしまっていることが多々あるからだ。(大人が飲む分には体に影響はほとんどないのでその辺は安心してもらっていい)

以上の点を考えると美味しい水とは

・日本で汲まれた天然水である
・軟水である

の2つがクリアしているものではないだろうか?水に何を求めているかは人によって異なるが「美味しい水」を探しているのなら上記2つから探すのが良いだろう。

 

美味しい水を提供しているウォーターサーバーとは?