外に出て介護の仕事を始めるか精神障がい者手帳を取得するか

現在は専業主婦で、自宅でのクラウドソーシング以外には外部で仕事をしていない状態です。しかし配偶者控除が廃止になれば生活が苦しくなるのは目に見えているので、下の子どもが幼稚園の年少になり次第、外部に出て働くことをまず第一に考えています。ただ私は現在複数の精神疾患を抱えており、定期的に専門の医療機関を受診していて一般の人との同じように働くのは難しい状況でもあります。しかしながら、配偶者控除が廃止になれば通院するための費用もあるかどうか不安を感じるため、精神疾患を隠した状態で働くことを考えています。

専業主婦になって8年が経過していて、最初は外部で働くことに慣れないと予想されるので、まずはパートから始めて子どもたちが成長したら正規採用で働くことも検討していきたいと思います。なお専業主婦になる前はほとんど介護の仕事をしてきており、以前転職するのに20代でありながら事務職など他の業種を希望しても不採用が続き、結局はまた他の介護の職場に就いたという経験があります。

つまり一度でも介護の仕事に就くと他の業種のでの再就職は相当難しくなるので、もう他の業種は諦めてこの先も引く手あまたの介護業界での再就職を検討しています。しかし、介護の仕事はどの職場でも大変で特に精神疾患を抱えて働くのは難しい場合もあるかもしれないので、どうしても無理だという場合にはやむを得ず精神障がい者手帳を取得して、さまざまな援助を受けていかざるを得ないとも考えている状態です。いずれにしても、介護での再就職か手帳の取得どちらかを選ぶと思います。

クラウドクレジットはソーシャルレンディングの評判がいい