大学生の就職活動と面接

面接をどのように突破するかは、就職活動を行う大学生に避けて通れないものです。

履歴書の書き方や筆記試験などは、書籍やウェブサイトでサンプルが入手できるので、参考にすれば自分でも対策することが可能です。それに対して面接は、担当者がどういった質問をしてくるか全くわかりませんし、答え方も正解があるわけではありません。そのため面接対策では、様々な角度からの事前準備や情報収集が求められるのです。面接の前段階として、大学生同士にグループディスカッションの場を設けることで、集団の中でどのような態度でいるかをチェックする会社も存在します。グループディスカッションは、時間も限られている為、他の人の意見をきちんと聞いて、同時に考えを短時間でまとめるような瞬発力も必要とされます。大学生を対象とした面接では、グループディスカッションで高評価だった人だけが面接に行けるということもあります。短時間で自分の意見をまとめる練習や、常日頃から新聞などを読んで情報収集することも大切です。ただ情報収集すれば良いというわけでは無く、受けたい企業の業界の分析をしなければなりません。インターネットであつめられる企業情報だけでなく、新聞や雑誌の過去の記事からも企業に関する情報は色々と入りますので、ぜひ調べてみてください。面接の二次までいけば、通り一遍の答え方だけでは決め手になりません。会社の歴史、社長のプロフィール、販売戦略や業界の動向なども踏まえて面接に臨んでください。会社について下調べを行い、分析をした上で自分なりの考えをもって面接に行けば、相手からの好感触も期待できるというものです。就職活動を成功させるために重要なものは下準備です。くれぐれも、準備を怠ったことが原因で内定を取ることができなかったということがないようにしてください。しっかり準備をして就職活動ができたかどうかは、大学生の面接の結果に関わっているのです。
キレイモ(KIREIMO)池袋サンシャイン通り口店