水道料金をクレジットで支払いができる自治体について

水道料金をクレジットで支払いができる自治体とできない自治体に分かれています。

水道料金のクレジット払いが普及していない自治体には理由があるようです。自治体がクレジットカード会社に支払うことになる手数料の問題が大きくあるため、普及していないそうです。水道料金の支払い者がクレジットカードで水道料金を支払えるようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。公共料金のクレジット払いのためには、自治体とカード会社が契約し、手数料を払うことになります。この手数料が問題で、銀行振替で銀行に対して支払う手数料より、クレジットカードの手数料は割高になりがちです。手数料がアップすれば水道料金の料金徴収にかかる経費アップになり、結果的に水道料金に響いてきます。クレジット払いの導入に消極的な自治体もあるようです。クレジットによる支払いを導入するに当たり、自治体がクレジットカード会社に支払わなければならない手数料は5パーセント以下であると予測されます。手数料の割合は、利用額が多くなれば少なくなっていきます。クレジット払いで水道料金を払えるようになりたいという要望の声が大きければ、自治体は公共料金のクレジット払いに積極的になるでしょう。今の段階で水道料金の支払いにクレジットカードが使える自治体で、大勢の人がこの仕組みを利用して支払いをしているということであれば、他の自治体もそれに倣ってどんどんクレジットに対応するでしょう。ルプルプ(LpLp)白髪用ヘアートリートメント、40代女性、効果