ワキガを手術をする前に

ワキガの手術をする前に、まずは色々な臭い防止対策をし、それでも効果がなかった場合は、手術へと進むことをおすすめします。

ワキガの症状を抑えるには、保存療法という対応策があります。アポクリン腺によって分泌される汗に脂肪酸等が存在しているため、ワキガの臭いが発生します。とはいえ、アポクリン腺からの汗そのものが臭うわけではありません。分解された脂肪酸や、他の汗に溶けた皮脂が臭気を放つのです。ワキガの臭いを断つ方法として、手術ではなく、脇の下を常に清潔な状態に保つことで臭いを抑えることができます。手術は、ワキガ改善の決定的な手段になりますが、手術を受けるよりまずは、ワキガの臭いが臭わないようにしてみてはどうでしょう。まずは出かける前や寝る前に洗うことがもっとも効果的です。また服も清潔にし、毎日着終わったら必ず洗うようにしましょう。市販の汗取りシートを活用して、汗をかいたら即座に拭い去るという方法も効果があります。汗が臭わないように、制汗剤やデオドラント剤をつけることも忘れてはいけません。これらの製品には汗腺からの発汗を抑制する成分や、脇に存在する細菌自体を減らす成分が用いられています。酸化防止剤は脂質が酸化する臭いを抑える働きがあり、脱臭剤はワキガの臭いを緩和し、芳香剤はよい香りでワキガの臭いを軽減する効果があります。まずは制汗剤で、ワキガの臭いがどのくらい減らせるか試してみましょう。デオドラントを使い、脇を清潔にしていてもなお臭う、または臭いの悩みが消えないという人はワキガ手術を受けてみて下さい。プリート(pulito)上野店